Home院長紹介アクセス・診療時間体験者の声院内ツアー無料メール相談
  • 院長紹介
  • 院内ツアー
  • インプラントって何?
  • アクセスマップ
  • サイトマップ
  • 無料メール相談

■インプラント

 インプラントとは、歯の失われた場所のアゴの骨の中に、人工的なチタンの歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療方法をいいます。
 第2の永久歯とも呼ばれ、食事をした時の感じや見た目もほとんど天然の歯と変わりません。非常に力が強いため、ほぼ何でも噛むことができます。


ブローネマルク教授
↑ブローネマルク教授


  この技術は、1952年に当時スウェーデンのルンド大学で実験を行っていたペル・イングヴァール・ブローネマルク (Per-Ingvar Branemark)教授が発見した、オッセオインテグレーション(骨結合・チタンなどの生態親和性のあるものならば、骨と結合する)という概念に基づいています。その後教授はイエテボリ大学に移籍し、研究を続けました。
 今日では「現代デンタルインプラントの父」と呼ばれています。


ブローネマルク教授とヨスタラーソン氏
↑ブローネマルク教授とヨスタ・ラーソン氏

  この発見から約13年間、綿密な研究開発・実験を経て1965年9月29日、34歳のスウェーデン人のヨスタ・ラーソンという男性が初めてインプラント治療を受けました。
 この男性は生まれつき先天性歯牙欠損という病気のため顎が弱く、会話や食事にも不自由を強いられていました。ラーソン氏はこれがブローネマルク教授による初めての治療であることを納得した上でこの治療に臨み、ブローネマルク教授は見事にこれを成功させたのです。


  ラーソン氏のは、氏が亡くなられるまで実に41年間に渡り機能し続けました。

 ブローネマルク教授はこのチタン製インプラントの功績と治療実績により、スウェーデン政府からノーベル賞に値するグランドプライズ賞を授与されています。

 このブローネマルクシステムによるは歴史も長く、世界中で頻繁に行われています。